【限りなく続くサウンドアートの世界へ】究極のサウンドを求めて30年。プロフェッショナルとして培った数々の実績と高度な技術。お客様の期待を超えるサウンドソリューションを提供します。
【HOME】ホーム 【BLOG】ブログ 【SHOWROOM】ショールーム 【SERVICE】サービスご案内 【SECURITY SYSTEM】セキュリティーシステム 【Dress Up】Dress Up 【CAMPAIGN】キャンペーン情報 【ONLINE SHOPPING】オンライン通販 【SHOP About】ショップアバウト 【PRIVACY POLICY】プライバシーポリシー 【SITEMAP】サイトマップ
ONLINE SHOPPING

マツデン取扱説明書
商品を取り付ける前にお読みください
使用上の注意
  《作業前に必ずお読みください。》
  (1) 取付は、必ず取付ショップ、又は販売店に御依頼下さいますようお願い致します。
    ※個人的にお取付された場合のトラブルについてのクレーム等は、保証書対象外になる場合がありますので、御注意ください。
  (2) プロテクションランプが点灯した時はシステムに異常があることを意味しますので、速やかに電源を切って取り付けショップにお問い合わせ下さい。
  (3) 音量は、スピーカーとアンプの能力以内でご使用下さい。
    又、安全運転のために運転中は車外の音が十分聞こえる程度の音でご使用下さい。
    ※能力以内とは、スピーカーが正常な状態で再生できる範囲内の事を言います。
・ オーバーストローク、ボイスコイル焼損傷は、保証対象外となります。
・ 詳しくはプロショップ、又はメーカーにお問い合わせ下さい。
  (4) 夏季に、窓を締め切って直射日光下に放置すると、車内やトランクルームは、80℃以上になります。
    又冬季に野外に放置した場合、過剰に低温になります。この様な時は、常温になってからご使用下さい。
 
取りつけ取り扱い上の注意
  取付、取り扱いの誤りから発生した故障は、保証対象外となりますので御注意下さい。
 
  【配線作業】
電源
  (1) 結線作業前に、必ずバッテリーのマイナス線をはずしてください。全ての作業終了後再び接続してください。
  (2) アンプのBATT(バッテリー電源)端子へは、バッテリーから直接配線してください。
  (3) バッテリー電源線には、火災防止のため必ず40cm以内にヒューズ又は、サーキットブレーカーを設けてください。
  (4) 電源ケーブル及びグランドケーブルは、アンプの消費電流以上流せるケーブルをご使用下さい。(メインバッテリーも)
  (5) ボディーへのグランド配線は、取付部の塗装を完全に取り除いてください。
    又、抵抗値0.2Ω以下のポイントに接続してください。この作業は、雑音防止、その他の故障防止上重要です。
  (6) ケーブルの取り回しは、車輌のボディーや可動部(シフトレバー・アクセルペダル・ブレーキペダル等)と触れ合ったり接触しないように固定して下さい。
  (7) アンプは熱を持ちます。冷却のためアンプの取り付けは、通気性が良く熱の受けない場所に放置してください。
  (8) アンプは、付属のタッピングスクリューで、しっかり固定して下さい。
 
スピーカ
  (1) 配線は、ループ状にしたり、RCAケーブルと平行にしないで下さい。
  (2) 他のケーブルと接触したりターミナルに取りつける時、スピーカーケーブル間でショーとさせない様ケーブルのはみ出しに注意して下さい。
  (3) ドアスピーカーの取付の際には、必ず防水処理を行ってください。スピーカー破損の原因になります。端子部分には、必ずゴムブーツを御使用下さい。
 
RCAケーブル
  (1) RCAケーブルが長い時には、S字で長さを調節してください。ループ状にしないで下さい。
  (2) 車輌エンジンコンピューターや、モーターそしてワイヤーハーネスから20cm以上離して配線してください。
  (3) モノモードで御使用される時は、市販のY字形ケーブルを御使用下さい。
 
入力感度(GAIN)コントロール
    このコントロールダイヤルは、各ユニットの性能を、最大に出すための入力感度調節ダイヤルです。ボリュームダイヤルではありません。調節を誤ると音が歪み、最悪の場合アンプの故障、焼損、故障の原因となります。
    調整ミスによる故障に関しましては、保証対象外とさせて頂きます。
    必ず、お買い上げのお店か、お取付店で行ってください。
 
調整
  (1) アンプコントロールレベルを、0〜10分上げに合わせる。
  (2) ヘッドユニットのボリュームを0〜徐々に大きくして、音の歪みはじめを確認する。
  (3) 歪みが出たらそのポイントから音がクリアーになるまで反時計回り方向に回す。
  (4) 2〜3を繰り返し、ヘッドユニットの最大ボリュームまで調節する。
    注)ヘッドユニットにより、アンプのGAINコントロールがMAXにあって
    ヘッドユニットボリュームが最大前に歪む場合があります。
    この場合は、スピーカーとアンプ保護のため、音の歪みが発生しない範囲で御使用下さい。

故障・ノイズ・トラブルシューティング!
ヒューンヒューン
(オルタネイタノイズ)

電源不足

バッテリーをかえる

キャパシタを入れる
サブバッテリーをつむ
GAINの上げすぎ GAINを下げる
ラインドライバーを入れる
RCAピンケーブルにノイズがのっている ピンケーブルの引くポイント見直し
放射ノイズ防止のためアースを遊ばせ並列に引く
アース不良 アースポイントを変える
アースはペーパーをかけてからしっかり止める
アースの抵抗値を合わせる
ノイズフィルターを入れる

ジリジリノイス
バチバチノイズ

スイッチ関係を入れるとでる ツィーターに破損の恐れがあるのでチェックが必要
ピンケーブルがボディーにかんでる恐れがあるのでチェックが必要
スピーカーがゴロゴロ・ガサガサ鳴る 破損の恐れあり スピーカーのストロークチェック
スピーカーの接触不良 スピーカーケーブル及びターミナルのチェック
アンプ不良による12V出力 アンプ不良によりスピーカー出力部からハイボルテージが出てしまっている恐れあり
音が出ない アンプの電源は入っている? スピーカー不良
ピンケーブル不良(デッキから出力しているか)
アンプ音声入力、出力部破損
アンプの電源が入らない 電源ヒューズが切れている
アンプヒューズが切れている
デッキからのリモート不良
アース不良
プロテクションがつく スピーカーの抵抗値が低い及び破損
(スピーカー端子が鉄板に接触している)
電源がローボルテージ(電圧が低い)
ピンケーブルのプラス・マイナス短絡及びアース短絡
GAINの上げすぎ
音が小さい クロスオーバーのセッティングミス Hi・Loセッティングミス
GAINのセッティングミス GAINが小さい
ローボルテージ AMPに定数の12Vがきていない
ボリュームを上げると音が切れる 低インピーダンス スピーカの抵抗値チェック
電圧が低い キャパシタの増設及び、メインバッテリーをかえる
アライメント ウーファーがおくれる ウーファーの+・−を逆につなぐ
※上記トラブル以外でもいろいろな条件により、異なる病状が起きることがあります。
 製品の品質に不都合な点などございましたらお手数ですが、販売店にお問い合せ下さい。

保証規定
この度は弊社をご利用いただき、誠にありがとうございます。本保証規定は、保証・サポートを受ける際に必要な保証規定が記されております。最後までよく目をお通し下さいますようお願い申し上げます。
 
  保障期間
初期不良 7日間(商品到着時より7日間)
無償修理 1年間(中古品は商品により3ヶ月間〜1年間保証)
  初期不良保障期間を経過した商品については、メーカー添付の保証書がある場合はそれに準じます。
※原則的にメーカーの保証に準じますが、ヘッドユニット・プロセッサー・イコライザー・アンプ・スピーカーは1年保証となります。
  国内販売代理店の表示がある商品については国内販売代理店の保証規定に準じます。
 
  保証内容
使用説明書、本体注意ラベルなどの注意書きに従った正常な使用状態で保証期間内に、万一故障した場合は、本保証書または領収書を本製品に添付のうえ、弊社までお送りいただければ、修理もしくは交換いたします。送付の際は保証規定の「商品をお送りいただく際の注意」に準じます。
※保障期間内修理を受付後、万一お客様の過失による故障と判断された場合は実費修理となります。
弊社は領収書及び保証書をもってサポートをいたしますので、どちらか一方でも紛失された場合は、一切のサポートをいたしかねますので必ず、大切に保管してください。 紛失された場合も同様に一切のサポートをいたしかねます。
パーツ、アクセサリー類においては、傷等を除き一度使用されたものは保証いたしかねます。(消耗品扱い)
保証期間内でも次の場合には有料修理になります。
  (1)製品添付の保証書提示が無い場合
  (2)使用上の誤り、他の機器から受けた損害又は不当な修理、調整、分解、改造による損傷
  (3)物理的に初期不良ではありえない故障内容、及び取付上の不具合による初期不良
  (4)お買上げ後の取付場所の移設、輸送の落下等による故障及び損傷
  (5)業務用としての使用、又は過度に使用された場合の故障及び損傷
     (例えば、スピーカーのボイスコイルの焼損傷等)
  (6)弊社及び弊社が指定するサービス機関以外での修理、調整、又は改造された場合
  (7)消耗部品(乾電池、ニッケルカドミウム充電池)及び精密機器内のパーツの劣化による交換を要する場合
  (8)火災、地震、その他の天災地変、及び公害、塩害、ガス害、異常電圧、指定以外の使用電源(電圧、周波数)等による故障及び損傷
  (9)本製品添付の保証書にお買上げ年月日、お客様名、販売店名の記入の無い場合、あるいは文字を書き替えられた場合

製品添付の保証書は日本国内においてのみ有効です。

  This warranty is valid only in Japan
 
  初期不良
初期不良品については同製品の新品と交換させて頂きます。ただし在庫が無い場合は同等品をもって差額精算とさせて頂きます。原則的に返金処理はいたしませんのでご了承下さい。
※メーカーによっては初期不良にように見えても正常品として判断される場合があります(TFT液晶のドット抜け等)。
初期不良品については原則的に弊社のサポートがチェックした上で症状が再現された場合のみ初期不良とみなします。(チェックには最短でも数時間、症状の再現率によっては数日を要することがあります。混雑時には当日中にチェックが終了しない時もありますので、その際は後日チェ ック結果をご連絡いたしますのでご了承下さい。)
メーカー製については、メーカーごとに保証規定がございますのでメーカーに直接お問い合わせ下さい。それ以外の商品は弊社での対応となります。
  商品をご送付される場合の注意点
修理・チェック・交換を依頼される場合は、必ず事前にお電話/FAX/メール等でご連絡を頂いた上で弊社まで宅配便等でご送付下さい。
送料につきましては弊社へご送付いただく際の送料はお客様ご負担、修理完了後の商品返送時には弊社負担とさせて頂きます。ただし、初期不良による不良品ご送付の際は弊社負担とさせていただきます。
配送にて商品をご送付頂く場合、領収書または販売証明書および保証書の原本と不良の症状等を、できるだけ詳細に記したメモ等を同梱して下さい。お預かりしている間に問い合わせ等が必要な場合が発生した時も販売証明書等が必要になりますので領収書または販売証明書および保証書を事前にコピーして保存してください。
付属品・化粧箱等は必ず必要となりますので大切に保管しておいて下さい。(付属品に欠品がある場合は保証期間内でもメーカー保証の対象外となりますのでご注意下さい。)
初期不良保証期間を経過、かつメーカー保証期間内の場合、メーカー修理には1ヶ月以上の期間がかかる場合もございますので予めご了承下さい。
 
  商品返品・交換について
お買い求めいただいた商品の返品・交換は、商品到着後1週間以内で下記の場合に限り行います。
※送料はお客様のご負担となります。
○初期不良品(傷・汚損・音が出ない・ノイズが出る等)が届いた場合。
○キャンセルした商品が届いた場合。
○ご注文された商品と異なる場合。
 
  免責事項
お買い求めいただいた商品は「保証内容」「商品返品・交換について」の項に該当する場合を除き、いかなる場合にも返品、返金いたしかねます。
製品の使用、または使用不可によって発生するいかなる直接、間接的損害に対して弊社では一切責任を負いません。
   
本保証書、以上の保証規定各項において修理保証をお約束するものです。したがってこの保証書によってお客様の法律上の権利を制限するものではありません。また保証期間経過後の修理、トラブル等についても承りますので、弊社までお問合せください。
Copyright(c) 2002 MATSUDEN K.K. all right reserved.
オンライン通販 マツデン取扱説明書
株式会社マツデン
愛知県豊田市司町5丁目32番地3
TEL (0565) 36-5454 FAX (0565) 36-5458 e-mail:info@matsuden.co.jp
営業時間:AM10:00〜PM8:00 定休日:毎週水曜日・第3火曜日
Copyright (C) 1988-2008 Sound Express Matsuden All Rights Reserved.
【PAGE TOP】このページの先頭へ